• ブランドレセプション
  • フィンガーフード
  • おしゃれ

ポアンドジュウル

ハイブランドのパーティーでセレブ達は、まるで宝石のような美しい料理を指でつまんで食し、食器やシルバーを手にせず、グラスだけを掲げて優雅に談笑する。そんな一流のパーティーシーンを演出します。

050-5819-3020平日:9~21時|土日祝:10~20時

お見積り・ご相談はこちら

食とアートの融合!個展テーマを表現した金箔づくしのレセプションパーティー

  • フィンガーフード
  • 懇親会
  • 港区

ギャラリー様より、日本画個展のレセプションパーティーでのご依頼です。個展のテーマである「ノルマンディ&ジャパン」と、テーマカラーの「金」を、自由度の高いケータリングで表現しました。金箔をふんだんに使った和洋ミックスのフィンガーフードが大好評。アート好きの方々もうならせる、上品なパーティーになりました。

  • パーティー趣旨
    日本画個展でのレセプション
  • お客様の業種
    ギャラリー
  • 開催時間
    14:00-17:00
  • 提供内容
    お料理/その他備品
  • 総額
    194,400円

日本画個展のレセプション。和×洋の上品なパーティーに

絵画や造形、宝飾など多彩なアートを扱うギャラリー様からのご依頼です。日本画の個展のレセプションパーティーにてケータリングをご利用いただきました。

テーマは「ノルマンディ&ジャパン」 アート好きが集まる華やかな会場

今回の個展のテーマが「ノルマンディ&ジャパン」。テーマに合わせて、洋風のメニューに和を組み込んだケータリングをご希望いただきました。ご来場のお客様は、50代〜70代のアート好きの方々。センス抜群の皆様のお眼鏡にかなう料理をと、気持ちが引き締まります。

お客様対応の差し替えでも安心。万全の事前準備を

テーブルサイズの関係で、最初にお出しする4プレート以降はお客様のほうで差し替えをしていただく予定でした。簡単に差し替えて頂けるように準備時間で全プレート盛り付けまで対応し、差し替え分は保冷バックに入れてお客様へ引継ぎ。盛り上がりの最中に雰囲気を壊さないよう、事前に徹底した準備をいたしました。

金づくしで個展のテーマカラーを表現

個展のテーマ「ノルマンディ&ジャパン」に加え、テーマカラーは「金」とのこと。個展の雰囲気をケータリングで最大限伝えられるよう、金づくしのテーブルをデザインしました。

フィンガーフードには金箔をふんだんに使用

お出ししたフィンガーフードは、見た目も美しい上品なメニュー計6品。トップに金箔を飾ったり、ゴールドをアクセントにしたりと隅々まで工夫を凝らし、キラキラと輝くメニューをご提案しました。

フードを盛り付ける什器もゴールドに

おしゃれなフードを盛り付ける什器は、ゴールドトレーで統一。等間隔に並べたフードが金のプレートに映り込み、まるでショーケースにならぶ宝石のよう。立体的に高級感を演出します。

お酒にあうフュージョンフードで華やかに!

メニューは全てフィンガーフードをご希望でした。お酒にあう料理を中心に、スイーツも少し含めてほしいとのことでした。洋風フィンガーフード/和風フィンガーフード/仏&和フュージョンデザートの3ジャンル構成でご提案。和と洋のフュージョンが楽しめるケータリングです。

ノルマンディらしさを感じる食材を組み込み

個展テーマであるノルマンディ&ジャパンにかけて、フランスのノルマンディ地方の食材として有名なノルマンディーカマンベールを使用したメニューを1品組み込みました。地域色を出したレセプションで、個展への期待も高まります。

ひとつひとつをゆっくり味わう、上品なパーティー

全6品を1人1品ずつの想定で、多すぎず少なすぎないボリュームに仕上げました。ご年配の方が多いことも考えて、食べやすさも意識しています。お酒を片手にひとつずつ手に取って、上品に召し上がる姿が見られました。

【メニュー】
洋風フィンガーフード
* サーモンのハーブマリネとGOLDのピラミッド型クリームチーズ、金箔添え
* 国産牛サーロインとノルマンディーカマンベールのGOLDミニバーガー

和風フィンガーフード
* 帆立貝とたけのこグリルの磯辺焼き風、金箔添え
* 炙り真鯛と隠元とエシャロットサラダの錦糸玉子とシブレットロール、金箔と花穂添え

仏&和フュージョンデザート
* GOLDのプティカヌレと黒豆と金箔添え
* バニラマカロンの抹茶グリーンチョココーティング、ラズベリーと金箔添え

テーマの表現ならお任せください!自由度の高いケータリング

今回のケータリングでは、テーマに合わせたカラーリングやメニュー展開など、お客様のご要望をすべて実現することができました。ここまで徹底してテーマを表現できるケータリング店舗はそうそうないと自負しております!
ケータリングで何かを表現したい、展示やイベントとの統一感をもたせたい、とお考えの方は、ぜひ一度ポアンドジュウルにご相談ください。